風に靡く、地平線の雑草

JKです。趣味は独りで寺社巡り。喫茶店で読書をするのも好きです。

オープンキャンパスという名の観光

昨日8月4日、私は阪大の人間科学部と京府医のオープンキャンパスに行きました。(阪大→京府医の順で行きました)

今年は申し込めたところがほとんどなかったらしく、今年は多分この二校のオープンキャンパスしか行けません。(私は全く行く気がなかったのですが、母親が勝手に申し込みました)

 

オープンキャンパスとは、高校生のために大学が普段は入れないようなところも一般公開しているものだと私は思っていて、てっきり校内を散策できるのかと思っていたのですが…

母親の立てた予定ではそんな時間もなく、阪大では説明を聞かずに資料だけもらって退散、京府医では施設見学はせず、説明だけ聞いて帰る、と行った結果になってしまいました。

個人的に、阪大の人間科学部の講義は面白そうで聞きたかったのですが、そうするとお昼ご飯の時間がなくなるらしいため、聞けませんでした。

 

当たり前ですが、私はオープンキャンパスは行くのなら最後までいた方が良いと思いました。最後までいないとその大学の本当の魅力は絶対にわからないと思います。説明を聞くだけでは多分どの大学も同じように感じてしまうと思います。講義や施設見学をしないとその大学の個性は見えてこないですよね。

そういった意味では、昨日は本当に無駄な時間を過ごしてしまったように思います。

 

そして、今ふと思ったのですが…

オープンキャンパスで行く大学は、自分の偏差値に見合っている、本当に行きたい大学だけで良いと思います。

まだ、私は高校生になってからは駿台模試などは受けておらず(中3の時に受けたきりです)、自分の立ち位置はわかりません。

だから、どの大学が自分に合っているかはわかりません。

そんな時に行くか行かないかもわからないような大学を巡っても時間の無駄だと思います。そんな時間があったら、数学と英語の勉強をしている方が余程効率が良いと思います。

それに、大学の雰囲気を見て「絶対この大学が良い!」と思えるような純粋さを私は持っていませんしね。(大学の雰囲気なんてその時の生徒によるもので、生徒は一年ごとに変わっていくから、そんなことを気にしても意味がない、と思っています。)

ということで、高校二年生では、自分が本気で行きたい大学巡りをすると思います。その時もまだブログを続けていたら書こうと思います。

 

次に、昨日の京府医のオープンキャンパスの後の京都観光について書きたいと思います。

 

昼食は西利のお漬物屋さんの二階で頂きました。色々な種類のお漬物を頂け、とても満足できました。

お漬物だけでも、普通に一食済ませることができました。

f:id:horizontal-weed:20170805125757j:image

 

近くにお寺があったため、久々に御朱印を頂きました。

廬山寺は紫式部邸のあった場所とされているそうです。そして、源氏物語もこの地で執筆されたらしいです。そう思うと、時間軸だけ移動したいという思いに駆られました。

近くにあった梨木神社にも参りました。「染井の水」という井戸の水が有名らしく、京都三名水の1つらしいです。身も心も清められた思いがしました。

f:id:horizontal-weed:20170805125403j:imagef:id:horizontal-weed:20170805125437j:image

 

そして、河原町に行って、「祇園小町」という所で黒糖パフェを頂きました。暑かったため、五分くらいで食べ終わりました。当分体重計には乗らないでおこう…。

f:id:horizontal-weed:20170805130708j:image

 

昨日は一日外にいて、本当に疲れました。

オープンキャンパスは少し残念な結果に終わりましたが、今後の自分の進路を考える上ではもしかしたら重要になってくるかもしれないということを忘れないようにしたいです。

 

久しぶりの京都観光はとても楽しかったです。御朱印もいただけて良かったです。

 

……。

 

もうそろそろ私は志望大学を決めた方が良いのか?

自分の将来を考え、少し怖くなって、現実逃避をしたくなっている、地平線の雑草であった…。