風に靡く、地平線の雑草

JKです。趣味は独りで寺社巡り。喫茶店で読書をするのも好きです。

焼きそばコロッケパンで自分の生き方を考える

f:id:horizontal-weed:20170806213417j:image

「焼きそばコロッケパン」…。

さらっと聞き流してしまいそうですが、よく考えてみると非常に興味深い名前のパンです。

 

この名を持つパンは近所のパン屋で売られていました。

そのパンは、文字通り「焼きそば」と「コロッケ」の入っているパンです。

凄い組み合わせですよね。

パンに「焼きそば」が入っている時点で「両方、炭水化物じゃ…」とツッコミたくなりますが、さらに「コロッケ」も入っています。もう、何とツッコメば良いのかすらわかりません。

しかし、この、「パンと焼きそばとコロッケ」という普通では絶対に考えられない組み合わせですが、とても美味しいです。

もちもちとした食感の焼きそばの後にやってくるサクッとしたコロッケは、揚げたてコロッケと同じくらい美味しく感じます。

 

このように、意外な組み合わせの食べ物は案外美味しかったりします。

 

そう言えば…

この記事を書いていて、昔「アカン警察」という番組の「アカンけど美味い飯」というコーナーで、多くの「意外な組み合わせですが美味しいご飯」が紹介されているのを思い出しました。

カツ丼に生クリームをかけたり、みそ汁にバターを入れたりしたら美味しいそうですね。(私は試しておらず、わかりませんが。)

 

意外な組み合わせは、吉と出るか凶と出るかはやってみなければわかりません。

そして、やってみることで新たな発見があるのかもしれません。

 

多分これは人生にも言えることだと思います。奇想天外なことに限らず、どんなことでもはやってみないと結論はわかりません。

化学などで、難しい数式を使って計算しても、それがあっているかは実験してみないとわからないです、仮説はいつまでも仮説に過ぎないから。

 

と、Eテレ大科学実験でよく聞く「やってみなくちゃわからない」というようなことを偉そうに書いている私ですが、恥ずかしながら私は今まで挑戦のない人生を送ってきました。

小学生のとき跳び箱の台上前転で骨折したのでそれ以後跳び箱の授業は全部欠席したり、検定試験は受からなさそうなら受けなかったり、RPGのガチャは10連ガチャができるようになるまでやらなかったり(レアリティの高いキャラが確定ゲットできるため)

と書き始めると、きりがありません。

私はそんな自分が嫌いです。高校生ではもっと色々なことに大胆に挑戦したいです。

科学オリンピック系とかに少し興味があり、挑戦したいと思っています。

でも、やるからには覚悟が必要…

どうしよう…?

 

いや、「覚悟」とかいう以前に挑戦するしかないのかもしれない…

色々なことに積極的に、そして大胆に挑戦することが大切なのかもしれない…

 

ということで、取り敢えず挑戦の第一歩としてカツ丼に生クリームを入れることからはじめたいと思います。

 

あれ?話が焼きそばコロッケパンと関係なくなっている…

カツ丼に生クリームを入れるよりまず、国語を頑張った方が良いのかもしれません…。